CHECK

一眼レフ初心者にもおすすめ!?望遠レンズの基礎知識を分かりやすく解説

こちらのサイトは、一眼レフ初心者にも分かりやすく望遠レンズの基礎知識を解説しているので、これからカメラと合わせて購入したい人などにも最適な情報になっています。
一般的に、レンズには焦点距離と呼ぶものがあるのですが、この距離が85mmから100mmまでが中望遠であり、手軽に被写体をクローズアップした形で写真撮影が可能です。
また、特殊効果の一つに圧縮効果があるのですが、これの仕組みについても分かりやすく解説しているため参考にされると良いのではないでしょうか。

一眼レフ初心者にもおすすめ!?望遠レンズの基礎知識を分かりやすく解説

一眼レフは、撮影シーンに最適な様々な焦点距離のレンズを交換しながら写真撮影ができる魅力があります。
その中でも望遠レンズは、被写体をクローズアップした形でシャッターを切ることができるので、遠く離れた場所にあるオブジェなどを明確に写したいときにも便利ですし、望遠レンズは背景をぼかして被写体にピントを合わせるといったボケ味を持つ写真を撮影できるなど、他のレンズではできない構図を考えて利用できるメリットも大きいといえましょう。

望遠レンズは焦点距離が長いレンズの総称

カメラの交換レンズには、魚眼・広角・マクロ・標準・望遠などの種類がありますが、望遠には焦点距離に応じて望遠レンズと呼ばれるものや名称の先頭に「中」や「超」などが付いているいくつかの種類があります。
焦点距離とはピントを合わせた際のレンズからカメラの撮像素子までの距離を意味するもので、28mmや135mmなどのように数字で示すのが特徴です。
望遠レンズの場合は、この距離が長いものになるが特徴ですが、一般的85mm~100mmまでが中望遠で135mmから300mm前後が望遠レンズ、400mmを超えるものは超望遠などのように呼ばれます。
ちなみに、撮像素子は光を電気信号に変換する役割を持つ半導体センサでありイメージセンサや画像センサなどと呼ばれることもあります。
また、イメージセンサに写る範囲を確度で示したものが撮影画角で、画角が広いものは写る範囲が広くなり狭いものは写る範囲が狭くなります。
望遠レンズは画角が狭くなるので被写体を大きく映し出すことができる特徴を持ちます。

標準レンズより画角が狭いのも望遠レンズの特徴の一つ

レンズにはそれぞれ焦点距離と呼ぶ、被写体にピントを合わせた際のレンズとカメラの撮像素子との距離があります。
望遠レンズの場合は85mm以上の焦点距離になっているものが一般的ですが、この距離が長くなることで標準レンズよりも画格が狭くなるといった特徴があります。
焦点距離が短いものは角度が大きくなり、長いものは角度が小さくなると同時に被写体を大きく写し出す効果と、被写体をより広範に撮影できる効果をそれぞれ期待することができます。
望遠レンズは、焦点距離が長いレンズの総称であり画角は狭くなるため、遠くにある被写体をクローズアップ撮影することはできるけれども、広角レンズのような範囲を撮影することはできません。
ちなみに、望遠レンズは単焦点とズームの2種類がありますが、ズームの場合は焦点距離が可変式になっているので距離に応じて画角も変化することになります。
そのため、ズーム範囲が広いレンズを使うことで様々な写真撮影ができるメリットがあることが分かります。

望遠レンズは被写界深度が浅いのでボケを活かした写真を得意にしている

望遠レンズは、画角が狭いのでその範囲を切り取るように撮影できる特徴から主題を強調した切り取り効果が魅力です。
近くの被写体や遠くの被写体に関係なく大きさの変化が少なくて遠近感が少ない撮影画可能、筐体が長くなる場合は手ブレに弱いなどの特徴を持ちます。
さらに、望遠レンズの焦点距離は被写界深度が浅くなる特性があるので、ボケを活かした写真を撮影できる魅力もあります。
ピントを合わせた部分の前後が、焦点が合っているように見える範囲を意味するものです。
ボケ味などのように表現されることが多いのですが、焦点距離が長くなる望遠レンズになることで浅くなり、逆に短くなることで深くなります。
それと同時に、シャッター速度に関係する絞りにおいても浅くなったり深くなったりするのが特徴です。
レンズの絞り値が開放のとき、被写界深度は浅くなり逆に絞り値が大きいときには深くなりますし、被写体とカメラの距離(撮影距離)が短いと浅くなり長いと深くなる、このような関係を理解しておくと良いでしょう。

望遠レンズは焦点距離が長くなるほど手振れが起こりやすいので三脚が必須

望遠レンズは、一般的に焦点距離が85mmを超えるレンズの総称で、焦点距離が00mm以上は超望遠などのように呼ばれることもあります。
それぞれ明るさがあるのですが、明るいレンズは多くの高品質で口径が大きなレンズを多数使用していることからも本体重量が重くなります。
仮に、85mmの望遠レンズでもF1.2とF3.6では使用しているレンズの枚数や大きさなどが変わるので重量にも差が出て来ます。
焦点距離が85mmや100mmくらいの望遠レンズなら手持ち撮影も可能ではあるけれども、撮影シーンなどにより絞り値が大きくなりシャッター速度が遅くなるなどの場合手ブレが起きることもあります。
さらに、200mmを超えるようなレンズになって来ると手持ちでは手ブレが生じやすくなるので、撮影する際には三脚に固定するなどが大切です。
シャッターチャンスが多くある撮影などでは、何度か撮影したものをチェックして残すこともできますが、動きある被写体などではそのチャンスは少ないため三脚を使うことをおすすめします。

望遠レンズに関する情報サイト
一眼レフのいろは

こちらのサイトは、一眼レフ初心者にも分かりやすく望遠レンズの基礎知識を解説しているので、これからカメラと合わせて購入したい人などにも最適な情報になっています。一般的に、レンズには焦点距離と呼ぶものがあるのですが、この距離が85mmから100mmまでが中望遠であり、手軽に被写体をクローズアップした形で写真撮影が可能です。また、特殊効果の一つに圧縮効果があるのですが、これの仕組みについても分かりやすく解説しているため参考にされると良いのではないでしょうか。

Search